ページトップ
ハイドロックス株式会社オンラインショッピング 確かな物を、お得に、お手軽に
HDX研究所 ご登録ユーザー様のページ
お問合せ・資料請求ハイドロックス社の製品についてのお問い合わせ、資料請求はこちら

大石 一二三

HOME » 大石 一二三  » オステオカルシン II

オステオカルシン II

2016/11/20

オステオカルシン(OCN)とは?の項で述べている様な身体形成に重要な骨芽細胞由来のペプチドホルモンであるOCNは糖代謝にも深く関与している(平田雅人)。OCNはインスリンの分泌を促し、細胞のインスリン感受性を高めて糖代謝を亢進し、体重を減少させる。これはOCNがインクレチンの一種であるグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)の分泌を促し、インスリンと相互に関連して糖代謝に働きかける、とのメカニズムである。

OCNは充実した人生を全うする第一候補の骨髄分泌性ホルモンである。血中OCNは加齢と共に減少する(二十代を100とすると五十代以降では50以下に迄減少する)。OCNは神経系やホルモン系にも関与しているので、OCN の減少はエネルギー代謝や性ホルモンの産生が低下して、体力・気力の減少、加齢性鬱、不定愁訴や認知症等を生じ易くなる。

OCN産生促進作用が認められている食品成分は唯一E型コンドロイチンだけである。これを生理的濃度で配合している商品はGAGsとmmProtein、EZProteinだけである。