ページトップ
ハイドロックス株式会社オンラインショッピング 確かな物を、お得に、お手軽に
HDX研究所 ご登録ユーザー様のページ
お問合せ・資料請求ハイドロックス社の製品についてのお問い合わせ、資料請求はこちら

大石 一二三

HOME » 大石 一二三  » 食塩過多は高血圧、心血管疾患の原因のメカニズムの一端が明らかに

食塩過多は高血圧、心血管疾患の原因のメカニズムの一端が明らかに

2017/12/26

多量の塩が腸内細菌叢に影響し、乳酸菌の一種であるLactobacillus murinusを枯渇させる。これによりTh17細胞を誘導して自己免疫疾患を発症させる(マウスの実験)。ヒトでのパイロット試験でも同様で、少量の食塩負荷でも腸内Lactobacillus族の生存低下からTh17細胞の増加や血圧上昇が認められた(Nat ,55,684, 2017)。

減塩食を継続しましょう。