ページトップ
ハイドロックス株式会社オンラインショッピング 確かな物を、お得に、お手軽に
HDX研究所 ご登録ユーザー様のページ
お問合せ・資料請求ハイドロックス社の製品についてのお問い合わせ、資料請求はこちら

大石 一二三

HOME » 大石 一二三  » ガン代替医療の死亡リスク2.5倍に、エール大学が発表

ガン代替医療の死亡リスク2.5倍に、エール大学が発表

2017/09/21

ガン治療でハーブやビタミン投与等の代替医療を選んだUSAの患者が5年以内に死亡するリスクは3大医療(外科手術、放射線、抗がん剤)等の標準的な治療を選んだ患者の2.5倍になるとの研究結果をエール大学の研究チームが発表した。我が国でもガン患者が代替医療に頼るケースは多々ある。ガン対応の健食(FX、EK、MgS、PLG、Fisetin等)を研究開発し、商品化している我が社がこの様な研究結果を取り上げるのは、ハーブやビタミン等の代替医療で副作用がなく、改善するとの情報が日・米共に蔓延しており、一定の効果が証明された標準治療を拒否している場合が往々にして見受けられる。我が社が提案しているFX、EK、MgS、PLG、Fisetin等をウエルバランスで配合している健食は代替医療ではなく、標準的な治療を補完するものである。発売以来18年間のデータがこれを証明している。