ページトップ
ハイドロックス株式会社オンラインショッピング 確かな物を、お得に、お手軽に
HDX研究所 ご登録ユーザー様のページ
お問合せ・資料請求ハイドロックス社の製品についてのお問い合わせ、資料請求はこちら

大石 一二三

HOME » 大石 一二三  » 進行期、末期変形性股関節症に有効なのは貧乏ゆすり、ジグリング

進行期、末期変形性股関節症に有効なのは貧乏ゆすり、ジグリング

2017/08/28

進行期、末期変形性股関節症(股OA)に対する治療法としてジグリングが有効であると広松氏(柳川リハビリテーション病院)。ジグリングはキアリ骨盤骨切り術後の経過不良例に対する後療法として実施していたが、手術に頼らない保存療法としても有効であると述べている。

積極的に貧乏ゆすりを。