ページトップ
ハイドロックス株式会社オンラインショッピング 確かな物を、お得に、お手軽に
HDX研究所 ご登録ユーザー様のページ
お問合せ・資料請求ハイドロックス社の製品についてのお問い合わせ、資料請求はこちら

NEWS

HOME » NEWS » 慢性腎臓病の心配を解除

慢性腎臓病の心配を解除

2017/06/23

腎疾患は糖尿病、高血圧の合併症と尿毒物質であるインドキシル硫酸が主な原因である。尿毒であるインドキシル硫酸は腸内細菌の悪玉菌であるウエルシュ菌や黄色ブドウ状球菌が産生するインドールが元になっている。このインドールが吸収されて、肝臓でインドキシル硫酸に変換され、血液に入り、五臓六腑に行き渡る。通常のインドキシル硫酸濃度で生じる各臓器への障害は微小で、直ちに疾病として診断されず、原因不明の不定愁訴として扱われる。即ち、血液検査や画像診断では全く問題はないとされる。しかし、インドキシル硫酸による臓器障害が蓄積してくると、腎疾患、肝疾患、肺疾患、心疾患等々の慢性病が生じる。嘗ては、これを加齢による老人病として位置づけられていた。しかし、原因から結果までのメカニズムが解明され、現在では完全に予防できる。

豆乳ケフィア飲用で腸内細菌のバランスは乳酸菌類・ビヒズス菌類等の占有率が高くなり、悪玉菌の占有率は激減する。これによって、糞便中のインドールが低下し、結果として血中インドキシル硫酸量を低下させる事が出来ている。従来からケフィアを常食している人々には記述様な慢性疾患の罹患率は極端に低い事が明らかにされている。